専門家が語る

消費税納付は3年目まで来ない!?本当かどうか税理士さんに聞いてみた(前編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

よく、消費税は設立してから2年間は払わなくていいって聞くけど、知り合いの会社は2年目から消費税を払っていたし、決算期を変えていれば消費税の免税期間がもっと長かったって言ってたり、もう分からない!誰か教えてください!

 

相談者
消費税は3年目まで来ない!?っていう都市伝説を聞いたのですが。

村田税理士
そうなんです!通常、会社が消費税を納税するかどうかは、2年前の課税売上高が1,000万円を超えているかどうかで判定します。消費税を納税しなくてもよい会社のことを「免税事業者」と呼びます。


※以下の図を参考にしてみてください。

イチロー(2014年1月設立、12月決算)
ジロウ   (2015年1月設立、12月決算)
サブロー(2016年1月設立、12月決算)

 この3人(全員資本金1,000万以下で設立)が、今期2016年が免税事業者・課税事業者のどちらかになるかを説明した図です。

相談者
なるほど、会社を設立して2期間は2年前の売上がないので消費税を支払わなくていいんですね。でも、知り合いの会社は人が多くて給料の支払いが多いから2年目から消費税を払うって言ってましたよ。
村田税理士
はい、例外もありまして、考え方としては、2年前の課税売上が1,000万円以下の会社は小規模だから消費税の金額を集計して納税するのも大変だから免除してあげるよっていう事なんですね。
なので、設立当初から資本金が大きい会社や大会社の子会社、また、売上・給与の支払いが一定規模以上の会社などは免除を受けられないようなルールになっています。

 

設立1年目の例外


1.資本金1,000万円以上で会社を設立

 資本金1,000万円以上で設立した会社は、設立時から消費税の課税事業者となってしまいます。株式会社の設立では出資金額の半額までを資本準備金とすることができますので、資本金は1,000万円未満で設立するのがよいです。

 

2.課税売上5億円超の大会社の子会社設立

 資本金1,000万円未満で会社を設立する場合でも、大規模な会社が子会社を設立する場合は消費税の課税逃れとなってしまいます。そのため、以下のように課税売上高5億円超の会社が株式の過半数を出資して設立する会社は、設立時から消費税の課税事業者となります。

 

国税庁 平成25年3月消費税法改正のお知らせより)


↓かなり複雑なので、ざっくり説明するとこういうイメージです。

 

相談者
なるほど、自分で会社を設立するのであれば1のほうを注意すればよいので、資本金1,000万円未満にすればよいのですね!

 

設立2年目の例外


1.第1期中に増資して第2期開始時点で資本金が1,000万円以上

 資本金が1,000万円以上の場合に消費税の納税義務者となる。という例外ルールは第1期、第2期それぞれの開始日で判定します。第1期の途中でVCなどから出資を受けて資本金が1,000万円以上となり、第2期は消費税の課税事業者となる。というケースも多いので注意しましょう。

 

2.第1期中に課税売上5億円超の大会社の子会社になった会社の2期目

 大会社の子会社が消費税の納税義務者となる。という例外ルールも、第1期、第2期それぞれの開始日で判定します。第1期の途中で株主が変わってしまい、大会社の子会社になったような場合は注意が必要です。

村田税理士
この2つは設立1年目と同じですが、2年目の例外はもう1つあります。

3.第1期の開始から6ヶ月間の売上・給与の支払いの両方が1,000万円超の場合

 第1期の開始から6ヶ月間の売上・給与の支払いの両方が1,000万円超の場合、第2期は消費税の課税事業者となってしまいます。

相談者
1年目の売上と給与の規模が大きいと2年目は消費税の課税事業者となってしまうのですね。
村田税理士
この6ヶ月ルールには例外がありまして、
相談者
例外の例外、、ややこしいですね。
村田税理士
設立第1期が7ヶ月以下の場合、この6ヶ月ルールは第2期には適用されません。

(国税庁質疑応答事例 特定期間の課税売上高による免税事業者の判定

相談者
むーん、ポイントがいろいろややこしくて、、まとめてもらってよいですか?
村田税理士
会社を設立する時、第2期まで消費税が免税されるようにするためのポイントをまとめると以下のようになります。

※第1期目に①出資を受けて資本金が1,000万円超えた場合 ②大会社の出資が50%超えた場合。いずれの場合も2期目は課税事業者となる。

相談者
なるほど、消費税の免税のことを考えると、設立から6ヶ月の売上とか給与の支払も考えて決算期を決める必要があるのですね。

相談者
念のため確認ですが、1年目の課税売上が1,000万円以下だったら3年目も消費税は払わなくて良いんですよね?
村田税理士
その場合、3年目は消費税を払わなくてOKですけど、もっとビジネスがんばりましょう。という感じにはなってしまいますよね。。

 

 

第3期目以降は次回に続く・・・

村田 光平(むらた こうへい)

公認会計士、税理士 、行政書士 、公益社団法人日本監査役協会会員。2005年に中央青山監査法人、2007年に京都監査法人東京事務所を経て、2013年より税理士事務所を開業。年間50社の会社設立手続を行い、法務・税務の両面からサポートを行うスタートアップ企業のエキスパート。