免税事業者


免税事業者とは、消費税の納税義務が免除される事業者のことです。

まず消費税の納付について簡単にご説明します。

例えばお弁当屋さんを運営しているとします。

 

1000万円の売上の場合、お客様から消費税を80万円一時的に預かっていることになります。 

実際の仕入れに800万円かかっている場合、消費税が64万円となります。

このとき、差額の80万円ー64万円=16万円を国に納付しなければいけません。

 

ただ、この16万円を国に納めず自分の利益にできる仕組みがあり、それが「免税事業者」という制度です。

免税事業者とは、消費税の納税義務が免除される方のことです。対象となるのは、「2年前の売上が1000万以下の売上の会社」となり、売上が小さな会社にやさしい制度なんです。

 

1年目、2年目の会社は、2年前の売上はありませんよね。会社をつくると2年間は消費税を払わなくていいことになります。ただし、資本金が1,000万円以上の会社は、小さい会社ではないと判断されてしまうため、免税事業者の対象から外れてしまいます。

そのため、資本金が1,000万円あったとしても、999万円で設立する方がメリットが大きいということになります。