【商標登録】リスク0の成果報酬5万円


登録できなければ弁理士手数料を全額返金

Bizerの商標登録は
成功報酬 50,000円(税抜)
(1区分の場合)

Bizerに登録して利用する

申し込みにはBizerへの登録が必要です。

ハート Bizerの商標登録が
安くて安心な理由

  • 商標登録できない場合は
    弁理士手数料を全額ご返金

    返金

    成功報酬型なので、万が一商標が取れなかった場合にかかる費用は出願印紙代だけ。リスクを最小限に抑えられます。

  • 通常数万円の
    商標調査費用が無料

    無料

    調査によって商標登録できる可能性が低いことが判明したことで出願を断念される場合でも、調査費用(キャンセル料)を請求することは一切ありません。

  • 業界水準の
    半額以下の低価格

    低価格

    費用はとても安いですが、質は落としません。ITを使った効率的なオペレーションシステムを構築することでこの価格を実現しました。

費用 商標を登録するまでに
かかる費用はこれだけ

  • 出願時の費用
    区分 一区分 ニ区分
    出願印紙代 ¥12,000 ¥20,600
    弁理士手数料 ¥50,000 ¥75,000
    調査料 無料 無料
    合計金額 ¥62,000 ¥95,600
  • 登録時の費用
    区分 一区分 ニ区分
    登録印紙代
    5年登録、10年登録で
    金額が
    変わります
    (下記表を参照)
    ¥16,400
    5年登録の場合
    ¥32,800
    5年登録の場合
    弁理士手数料の
    消費税
    ¥4,000 ¥6,000
    登録手数料 無料 無料
    合計金額 ¥20,400 ¥38,800

印紙代 登録印紙代は5年登録か
10年登録で変わります

  • 5年登録の場合
    一区分 ¥16,400
    二区分 ¥32,800
    三区分 ¥49,200
    四区分 ¥65,600
    五区分 ¥82,000
  • 10年登録の場合
    一区分 ¥28,200
    二区分 ¥56,400
    三区分 ¥84,600
    四区分 ¥112,800
    五区分 ¥141,000

クエスチョンよくあるご質問

調査料は何回でも無料ですか?
はい、良好な結果となるまで、何回でも無料です。
特許庁の審査官が検討する約30の審査項目すべてについて考察し、調査結果を報告しています。これにより、登録可能性が低い商標を出願するというリスクを避けていただけます。
区分とは何ですか?
特許庁が商品・サービス(役務)をカテゴリー分けしたもので、全部で45の区分があります。
1類~34類が商品に関する区分で、35類~45類がサービス(役務)に関する区分です。区分数によって費用が増減します。
つまり、権利取得を希望する商品・サービスが複数の区分に渡る場合は、その数に応じた費用が必要となります。
1番多いのが1区分での出願で、次が2区分での出願となっています。
区分数がお分かりにならない場合は、お気軽にお問い合わせください。
費用を支払う時期(タイミング)を
教えてください。
費用のお支払いは、出願時と登録時の2回に分かれます。出願時の費用は、厳密商標調査(事前調査)後、実際に特許庁へ商標登録出願をする前にお支払いください。登録時の費用は、特許庁の審査官による審査が終わり、無事に商標登録が認められた場合に必要となります。
残念ながら商標登録が認められなかった場合は、登録時の費用は発生しません。この場合、出願時にお預かりした「弁理士手数料」を全額ご返金します。
拒絶理由通知(商標登録を認めない旨の
通知)に応答した場合は必ず追加の費用が
発生するのですか?
簡単に応答できる場合は、追加の費用を頂戴しません(無料で対応しています)。一方、応答に高度な判断が要求され、拒絶理由を覆すための書類作成に長時間を要する場合は、その程度に応じて費用が必要となります。この費用は、拒絶理由通知の内容により異なるので、事前に丁寧に説明いたします。
お客様のご指示なく、Bizer認定弁理士が勝手に拒絶理由通知に応答し、費用を請求することはありませんので、ご安心ください。Bizer認定弁理士からの説明を聞いて、拒絶理由通知に応答しない場合(商標登録を断念する場合)には、弁理士手数料を全額ご返金します。なお、厳密商標調査(事前調査)をしっかり行うので、そもそも「拒絶理由通知」を受けることは稀です。

流れお申込みから商標登録までの流れ

お申込み~出願(約1週間)

1出願のお申込み
Bizerの相談フォームより
商標登録出願をお申込みください。
2お打ち合わせ
Bizer上でのやりとりがスタートします。
Bizer認定弁理士が責任をもって対応いたします。
どういった形で商標登録(権利保護)するかを提案・確認し、費用(総額)についてもご説明します。
3厳密商標調査
お打ち合わせ内容に基づき、Bizer認定弁理士が厳密商標調査します。
登録可能性がどの程度あるのか、特許庁の審査官が検討する約30の審査項目すべてについて考察します。
4合同会議
Bizer認定弁理士の調査資料を基に、複数の弁理士が参加する合議によって、お客様の商標の登録可能性を最終判断します。
5商標調査結果の
報告
Bizer認定弁理士が調査結果(商標登録の可能性)を報告いたします。
登録可能性が低い場合には、どうすれば可能性が高くなるかアドバイス差し上げます。
6商標出願の
ご指示
特許庁へ商標登録出願をするか否かをご検討いただきます。
出願をご決断された場合は、Bizer上でご指示ください。
なお、登録可能性が低いことを理由に出願を断念される場合でも、調査費用(キャンセル料)を請求することは一切ございません。
7出願内容の
ご確認
Bizer認定弁理士から、特許庁へ提出する書面に記載する内容の確認依頼を、Bizer上でご連絡します。
内容に誤りがないかをご確認ください。
8出願時費用の
決済
特許庁へ提出する書面に記載する内容に誤りがないかを確認し、誤りがなければ、商標出願時費用をクレジット決済いたします。
出願時の費用
区分 一区分 ニ区分
出願印紙代 ¥12,000 ¥20,600
弁理士手数料 ¥50,000 ¥75,000
調査料 無料 無料
合計金額 ¥62,000 ¥95,600
9特許庁への
商標登録出願
クレジット決済を確認次第、お客様の商標を特許庁へ出願します。

審査~審査結果のご報告(4ヶ月~1年)

10審査
お客様の商標を登録してもよいか、特許庁の審査官が審査をします。
無事に商標登録が認められた場合は、Bizer認定弁理士へ「登録査定」の通知がされます。
一方、商標登録が認められない理由がある場合は、「拒絶理由通知」がされます。
11登録査定の
報告
「登録査定」の通知を受けた場合は、速やかにお客様に報告いたします。
「拒絶理由通知」を受けた場合は、審査官の判断を覆すための対応をするか、あるいは登録を断念するか等今後の対応についてご相談させていただきます。
登録を断念される場合は、お預かりしている弁理士手数料を全額ご返金します。厳密商標調査をしっかり行うので、「拒絶理由通知」を受けることは稀です。

登録

12登録時費用の
決済
「登録査定」の報告を受けたら、商標登録時費用をBizer認定弁理士指定の口座へお振込ください。
その後、Bizer認定弁理士が登録料を特許庁へ納めます。
登録時費用
区分 一区分 ニ区分
登録印紙代 ¥16,400 ¥32,800
弁理士手数料の消費税 ¥4,000 ¥6,000
登録手数料 無料 無料
合計金額 ¥20,400 ¥38,800
13商標権の
設定登録
登録料納付後、設定登録されることで、「商標権」が発生します。
これでお客様の出願した商標は「登録商標」となり、お客様は「商標権者」としてさまざまなメリットを享受することができます。

不明点はお気軽にお問い合わせ下さい。

フリーダイヤル 0800-111-7813
営業時間(祝日除く) … 平日10:00〜18:00

Bizerに登録して利用する

その他の おまかせサービスはこちら

  • 決算申告代行サービス
    50,000円(税抜)から

    クラウド会計ソフトのデータを使ってスムーズに申告作業を行います。 税理士とのコミュニケーションもオンラインで完結する安くて安心の決算申告代行サービスです。

    0xe862 詳しく見る

  • 就業規則作成サービス
    50,000円(税抜)から

    雇用ルールの明確化や助成金の申請のためにも就業規則を作成しておくことは大切です。 ベンチャー企業に強い社労士が対応するためコミュニケーションもスムーズで安心です。

    0xe862 詳しく見る

0xe860おまかせサービスメニュー