メニュー

招待ユーザー利用規約

この招待ユーザー利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、Bizer株式会社(以下、「当社」といいます。)が提供するBizerサービス(以下、「本サービス」といいます。)の一部をなすバインダーサービスの提供条件とバインダーサービスをユーザーからの招待を受けて利用するすべての招待ユーザーに守っていただかなければならない事項、当社と招待ユーザーの皆さまとの間の権利義務関係が定められています。
バインダーサービスを招待ユーザーとしてご利用になる方は、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(定義)

本規約において使用する以下の用語の意味は次のとおりとします。

  1. 「ユーザー」とは、本サービスを利用するための登録がなされた個人又は法人をいいます。
  2. 「招待ユーザー」とは、本サービスのユーザーからの招待を受けて本サービスのうちのバインダーサービスを利用することのできる個人又は法人をいいます。
  3. 「ユーザーID及びパスワード」とは、当社が招待ユーザーに付与する、本サービスを利用する際に招待ユーザーを識別するために用いられる招待ユーザー固有の符号をいいます。
  4. 「招待ユーザー情報」とは、招待ユーザーが本サービスを利用する際に基本サービスに提供した全ての情報(登記情報、決算情報、相談等を含む)をいいます。
  5. 「バインダーサービス」とは、第2条に定めるサービスをいいます。

第2条(バインダーサービスの内容)

バインダーサービスは、ユーザーから招待を受けたステークホルダーなどの外部関係者が招待ユーザーとして、当該ユーザーの企業ページへのアクセス、および様々な書類等の共有を可能にし、当該ユーザーと当該招待ユーザーとの業務の進行を効率化するサービスをご提供します。

第3条(規約の適用)

  1. 本規約は、バインダーサービスの提供条件とバインダーサービスの利用に関する当社と招待ユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的として、招待ユーザーと当社との間のバインダーサービスの利用に関わるすべての関係に適用されます。
  2. 本規約のほか、当社が定め、当社のウェブサイト(https://bizer.jp/)上で掲載する本サービスの利用に関するルール、各種規定(ヘルプ、投稿、FAQも含みます。)は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. 次条に従って登録を行った招待ユーザーは、招待ユーザーの登録をすることにより、本規約のすべての記載事項について同意したものとみなされます。

第4条(招待ユーザーの登録)

  1. バインダーサービスの利用を希望する外部関係者は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の登録情報を当社の定める方法で当社に提供することにより、招待ユーザーとしてのアカウントを作成することができます。
  2. ユーザーから招待通知メールを受け取った招待ユーザーは、セキュリティコードの発行を受けて、最初にバインダーサービスを利用した日から、当社と当該ユーザーとの間のサービス利用契約に基づく招待ユーザーとして、本サービスのうちの当該ユーザーのバインダーサービスを本規約に従い利用することができるようになります。
  3. 当社は、ユーザーから招待を受けた外部関係者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、登録及び再登録を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。

    (1)当社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    (2)未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
    (3)反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    (4)登録希望者が過去当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
    (5)第21条に定める措置を受けたことがある場合
    (6)その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第5条(招待ユーザーの登録事項の変更)

招待ユーザーは、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知します。

第6条(招待ユーザーのユーザーID及びパスワードの管理)

  1. 招待ユーザーは、自己の責任において、本サービスに関するユーザーID及びパスワードを適切に管理及び保管し、これを第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはなりません。
  2. 招待ユーザーは、ユーザーID又はパスワードの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は招待ユーザーまたはユーザーが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。また、これにより当社に損害が生じた場合、招待ユーザー及びユーザーはその損害を連帯して賠償するものとします。

第7条(バインダーサービスの利用)

  1. 当社は、バインダーサービスにおいて、招待ユーザーに対し以下の機能を提供します。

    (1)招待ユーザーとしてのアカウントを作成する機能
    (2)ユーザーにより共有されたバインダーの閲覧
    (3)バインダーへのコメント送信
    (4)バインダーへのファイルアップロード
    (5)その他、当社が認めた機能

  2. バインダーサービスを利用しての、バインダーの閲覧、コメントの送信、ファイルのアップロード等については、ユーザーおよび招待ユーザーの責任において行うものとし、当社は、一切の責任を負いません。
  3. ユーザーおよび招待ユーザーは、バインダーサービスの利用において、第三者との間に紛争または損害の生じた場合には、自己の責任において解決するものとします。これにより当社に損害が生じた場合、招待ユーザー及びユーザーはその損害を連帯して賠償するものとします。

第8条(利用期間)

  1. 招待ユーザーによるバインダーサービスの利用期間は、当該招待ユーザーを招待したユーザーにより決定され、ユーザーにより招待ユーザーのバインダーサービスの利用が停止されることがあります。
  2. 何らかの事由により、ユーザーの本サービスの利用が終了したとき、同時に招待ユーザーによるバインダーサービスの利用も終了します。

第9条(本サービスの禁止事項)

招待ユーザーは、バインダーサービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又は該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。

  1. 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
  2. 当社、本サービスの他のユーザー、招待ユーザー又はその他の第三者に対する詐欺又は脅迫行為
  3. 公序良俗に反する行為
  4. 当社、本サービスの他のユーザー、招待ユーザー又はその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
  5. 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
  6. 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
  7. 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
  8. 第三者に成りすます行為
  9. 本サービスの他のユーザーまたは招待ユーザーのユーザーID又はパスワードを利用する行為
  10. 故意又は過失により、第三者にユーザーID又はパスワードを開示し、当該第三者に本サービスを利用させる行為
  11. 本サービスの他のユーザーまたは招待ユーザーの情報の収集
  12. 当社、本サービスの他のユーザーまたは招待ユーザー又はその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  13. 当社ウェブサイト上で掲載する本サービス利用に関するルールに抵触する行為
  14. 本サービスを利用して得た情報を第三者に対して営利目的で提供する行為
  15. その他、当社が不適切と判断する行為

第10条(本サービスの停止等)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、招待ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。

    (1)本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を緊急に行う場合
    (2)本サービスに係るコンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
    (3)地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
    (4)電気通信事業者等が電気通信サービスを中止した場合
    (5)その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合

  2. 当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づき招待ユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(権利帰属)

当社ウェブサイト及び本サービスに関する知的財産権は招待ユーザー自身が作成したものを除き全て当社又は当社にライセンスを許諾している第三者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している第三者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第12条(業務委託)

当社は、本サービスに関する業務の全部又は一部を業務に必要な範囲内で当社の指定する第三者に委託することができるものとします。

第13条(本サービスの内容の変更、終了)

  1. 当社は、当社の都合により、バインダーサービスの内容を変更し、又は提供を終了することができます。なお、当社がバインダーサービスの提供を終了する場合、当社はユーザーに事前に通知します。
  2. 当社は、前項に基づき当社が行った措置に基づき招待ユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第14条(秘密保持)

招待ユーザーは、本サービスに関連して当社が招待ユーザーに対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱います。

第15条(情報の取扱い)

  1. 当社は、招待ユーザーより提供されたすべての情報(以下「招待ユーザー情報等」といいます。)を秘密として取り扱います。なお、招待ユーザー情報等のうち個人情報の取扱いについては、当社が別途定めるプライバシーポリシーによるものとし、招待ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当社が個人情報を取扱うことについて同意します。
  2. 当社は、招待ユーザーの情報を、招待ユーザーを特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、当社のサービス向上に必要な範囲内で利用することができるものとし、招待ユーザーはこれに異議を唱えません。

第16条(バックアップ)

  1. 招待ユーザーは、バインダーサービスを通じて取得した情報について招待ユーザーの責任で保存及び管理します。
  2. 当社は、前項の情報について保存及び管理する義務を負わないものとし、招待ユーザーが当該情報を適切に保存・管理しなかったことにより生じる損害等につき一切の責任を負いません。

第17条(本規約の変更)

  1. 当社は、招待ユーザーによる事前の承諾を得ることなく、いつでも本規約を変更することができます。
  2. 当社は、本規約を変更する場合は、本サービスに関するウェブサイトにおいて招待ユーザーに当該変更内容を告知します。
  3. 当該変更内容の告知後、招待ユーザーが本サービスを利用した場合には、招待ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。
  4. 招待ユーザーは、前項に定める同意をした時点以降、当該変更内容について異議を唱えることはできません。

第18条(連絡及び通知)

本サービスに関する問い合わせその他招待ユーザーから当社に対する連絡又は通知、及び当社から招待ユーザーに対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行います。

第19条(サービス利用契約上の地位の譲渡等)

  1. 招待ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位又は本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに招待ユーザーの情報等を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、招待ユーザーは、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含みます。

第20条(損害賠償及び免責)

  1. 当社は、バインダーサービスの内容およびバインダーサービスを通じて招待ユーザーが取得する情報自体の合法性、正確性、有用性、目的適合性について、一切の責任を負いません。また、当社は、バインダーサービスを通じて提供される情報の利用により発生するあらゆる直接的、間接的、特別、又は付随的な損害について、いかなる場合も一切の責任を負いません。
  2. 当社は、当社によるバインダーサービスの提供の遅滞、中断、停止、終了又は変更、招待ユーザーがバインダーサービスに送信したメッセージ又は情報の削除又は消失、招待ユーザーとしての登録の抹消、バインダーサービスの利用による招待ユーザーの情報等の消失、機器の故障もしくは損傷、その他バインダーサービスに関して招待ユーザーが被った損害につき、一切の責任を負わないものとします。
  3. バインダーサービスに関連して、招待ユーザーとユーザー、他の招待ユーザー又は第三者との間において紛争等が生じた場合、招待ユーザーは自己の責任と費用で解決します。また、これにより当社に損害(弁護士費用も含みます。)が生じた場合、招待ユーザーはその損害を賠償します。
  4. 当社は、本条第1項、第2項及び第6条第2項を除いて当社の故意又は重過失により当社が招待ユーザーに損害を与えた場合には、バインダーサービスに関して招待ユーザーに現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、当該招待ユーザーを招待したユーザーが当社に支払った月額利用料金のうち3か月分を上限として、その損害を賠償します。

第21条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本規約及びサービス利用契約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約又はサービス利用契約に起因し、又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

【2017年3月14日制定】