専門家が語る

1日2,000件も!? 特許出願の重要性とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

afb76d6db28dda7a9d893fbc2663ab47_s

新しいサービスを思いついた!これからエンジニアも集めて、世の中に新しい機能をリリースするぞ!もしかすると、この機能でお金持ちになれるかも!


ちょっと待ってください。もし、他人にこの機能をとられたくないのであれば、お金持ちの妄想する前にやるべきことがあります。それは「特許」申請です。

今回は経営者の視点にたってて、「特許」の役割や重要性について弁理士の方に話を聞いてみました。
 

そもそも特許とは?


相談者
特許の相談・・の前に、そもそも特許とは何か、という基本の部分から教えていただけないでしょうか。

須田弁理士
特許は、技術的に新しく奇抜なアイデアを考えついた場合、そのアイデアを模倣から守るために利用される制度です。

特許は形あるものに限らず、コンピュータープログラムなども特許で保護することができます。他人にその商品・サービスの模倣品を製造・販売させたくない。そのような場合に、特許権が役立ちます。

大企業に限らず、たくさんの中小企業・個人事業主の方々が、自社の大切な技術を保護するために、特許出願を行っています。ちなみに、平成27年(2015年)の年間の特許出願数は317,653件です。

2016年3月は1ヶ月で約4万件出願。約20営業日なので1日平均約2,000件が出願されている計算となりますね。

 

※特許出願件数月別推移(特許出願は3月に大きな山ができ、9月・12月も件数が増える。)

特許出願数

特許庁:特許出願等統計速報

 

相談者
年間30万件もあるんですね・・!!知らなかった・・。

実は、あるサービスをWeb上で提供することを考えています。いままでにない新しいビジネスモデルであると考えているので、特許出願した方がいいかなと思ってます。というのも、他社の追随が予想されるので・・

須田弁理士
ビジネスモデルについて、特許申請して権利化することをお考えなのですね。

※ビジネスモデル特許・・・ビジネスを支えるITの仕組みを保護する特許

相談者
今まで世の中になかった新しいビジネスモデルなので、素人考えでは、特許取得できるのではないかと考えております。

ちなみに、特許出願するメリットについて改めて教えていただけますか?

 

特許出願を行う3つのメリットとは


須田弁理士
特許出願を行うメリットは以下の3つが挙げられます。

(1)自分より後に他人が思いついた同様・類似アイディアを権利にさせない
(2)営業ツールとして利用
(3)他人の模倣を排除できる

須田弁理士
例えばある特許を取得した会社がいたとして、以降、同一発明やその発明から容易に思いつく発明について、後の出願を排除できるというメリットがあります。


また、「特許出願中」というステータスでも、アイディアを買ってくれる会社があれば、ライセンス収入が入りますし、銀行からの融資などにもプラスに働く可能性は大いにあります。

 

なお、他人が模倣した場合、損害の賠償請求ができるので、安心してビジネスをすすめられますよ。

 

相談者
なるほど。絶対世の中にインパクトを与えるいいサービスなので、真似されないためにも、早く特許を取得した方が良さそうですね。

 

特許権取得のための3つの基本事項


須田弁理士
わかりました。それでは、特許権を取得するための基本的な要件についてまずは説明します。特許を取得するためには、「保護対象にあたること」、「新しいこと」、そして「進歩していること」が要求されます。

相談者
3つの要件があるんですね。1つずつ教えてもらえますか。

須田弁理士
はい。まず、1つ目の「保護対象にあたること」ですが、ビジネスの仕組み自体については保護対象から外れますが、それをIT化している場合には保護対象として求められます。

お客様の場合、Web上で提供ということですから、この要件は満たすと思いますよ。

相談者
そうですか。よかったです。

須田弁理士
2つ目の「新しいこと」ですが、今までに世の中になかった新しいビジネスモデルとの事ですので、この要件も満たす可能性はあります。

但し、市場になくても、先行する特許出願があるかもしれないので、調査が必要です。

相談者
実は、既にHP上で公表しているのですが、大丈夫ですか。

須田弁理士
その場合、原則、「新しいこと」の要件を欠くので、特許申請しても拒絶される可能性があります。

ですが、例外がありまして、6か月以内であれば救済することができる場合があります。所定の証明書を提出することで、この例外の適用を受けることができますので、その適用を検討しましょう。

相談者
はい、わかりました。3つ目は、どのような要件ですか。

須田弁理士
はい、3つ目の要件は、「進歩していること」になります。

これは、技術的に進歩しているかどうかが問われる要件となります。「技術的」ですから、ビジネスの仕組み自体が進歩しているかどうかではなく、IT化の方が技術的に進歩しているかどうかが問われます。何か工夫された点がございますか。

相談者
はい、IT化にあたっては、かなり苦労しましたので、技術的な工夫について弊社でも少しまとめてみますね。

須田弁理士
そうですね。なお、基本事項を抑えていてるからといって、必ずしも特許が登録されるわけではありません。また、特許の申請を行い、通常審査にはおよそ11ヶ月かかりますので、その点おぼえておいてください。

 

特許申請が遅れた時のデメリットとは


相談者
11ヶ月!結構時間がかかるんですね。ちなみに、特許申請が遅れる際のデメリットがありますか。

須田弁理士
はい、特許法では、先願主義といって、同一の発明については、早いもの勝ちのルールになっていますので、なるべく急いでくださいね。

相談者
早いもの勝ちですか・・じゃあ類似サービスを他社が先に申請していたら・・・

須田弁理士
他社に特許を取得されると、自己が最初に製品を開発し市場投入したにも関わらず、製品の製造販売を継続できなくなってしまうこともあります。また、他社が特許申請してることをしらずに類似サービスを提供してしまうと、先ほどのメリットは逆で、訴えられる可能性があるということなので。

あとから「私の会社が先です」といっても通用しないので、検討しているようでしたら早めに動くことをお勧めします。

相談者
はい!のんびりしてられませんね。

須田弁理士
それでは、一緒に特許化に向けて取り組んでいきましょう。

 

以上、いかがでしたか。ビジネスにとって重要なものなので、今一度ご自身の会社にあてはめて考えてみてくださいね。

また、特許とあわせて、商標登録についても気になる方はこちらのコラムを参考にしてみてください。

(参考)商標登録についてのコラム
https://bizer.jp/archives/1312

須田 浩史(すだ ひろし)

弁理士。東京理科大学専門職大学院総合科学技術経営研究科 技術経営修士(MOT) 特許業界で25年、担当した特許出願は1500件を超える。昨年は、1年間に数多くのお客様の発明相談を担当。お客様の目線にあったサービスを心情としている。