導入事例

相談機能事例:Bizer株式会社「会社運営はイレギュラーの連続…そんなときは専門家の活用を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
Bizer株式会社の佐藤です。

Bizerの運営を行いながら、弊社自身もBizerを活用してバックオフィスの課題を解決しています。
今回は、Bizerの「相談機能」を中心に活用事例をご紹介します。

初めての産休・育休──わからないことを社労士さんに相談

以前のことですが、弊社社員がめでたくお子さんを授かり、産休・育休に入ることとなりました。
バックオフィス担当の私としても、初めての産休・育休の制度活用となるため、役所関連手続きをはじめどのような作業が必要かを調べるところから始めました。

実はこのときすでに、BizerのToDoリストには「従業員が出産する」というToDoリストテンプレートがあったので、作業内容を調べること自体にはほとんど時間を使ってません。
(ToDoリストの活用事例はこちらをご覧ください)

ただ、やはり初めての作業で不安ということもあり、細かい部分などきちんと確認しながら進めたいと感じました。
そんなときはやはり専門家の方に直接相談するのが1番です。

こんな感じで丁寧に回答していただきました。
産休開始に伴う実務面での対応方法などは、専門家の方に相談するのが確実ですし、なにより安心感がありますね。
このあとも度々疑問点が発生したので、その都度いろいろ質問させていただいたのですが、わかりやすく回答いただけたのでとても助かりました。
何度でも相談できるので、その点は気兼ねなく利用できます。

育休中に発生したとんでもないイレギュラー事態

そんなわけで社労士さんのアドバイスのおかげで滞りなく手続きを行うことができたわけですが、そんな中、バックオフィス担当者の立場としてはとんでもなく厄介なことが起こるのです。

Bizer社に取締役会を設置することが決定した時の話です。
取締役会設置にともなって、社内から新しい取締役を専任する必要があったのですが、なんとその時まさに絶賛育休中の例の社員が、新たな取締役として就任することが決定してしまったのです!
(いや、めでたいことではあるんですけどね…)

その瞬間、私の脳裏にいろいろなことがよぎります。

「こういうときって何か手続きが必要だっけ?」
「そういえば取締役って雇用保険に入れないんじゃ…」
「となると、育児休業給付金はもらえない…?」
「そもそもなんで育休中に取締役就任してるんだ」

自分だけで考えても仕方がないので、こんなときはまたしてもBizerで相談です。

自分でも一応調べてから相談しましたが、考慮すべきポイントについてわかりやすくまとめてくれました。
最終的にはハローワークの判断となるということで、後日ハローワークに直接問い合わせましたが、なんと育休中に取締役に就任するケースを扱うのは初めてということで、ハローワーク内でも確認を行っていただく事態に。
相当イレギュラーだったんですね…

というわけで無事解決しました

もろもろの確認や手続きを経て、結果的に育児休業給付金は問題なく給付してもらえることになりました。
(使用人兼務役員として就任することになりました)

そして時を経て当の取締役も職場復帰し、現在はバリバリと活躍中です。
安心して育休が取得できたのも、私とBizerのおかげだということを肝に銘じて業務に励んでいただきたいですね。

Bizerで安心して会社運営を

このように、会社運営はわからないことやイレギュラーの連続です。
そんなときは、ぜひBizerの相談機能で専門家に頼ってください。
きっと安心して業務に進めるようなアドバイスをくれるはずです!

admin@bizground.co.jp

Bizer

総務、労務、経理のすべてを解決するバックオフィス業務支援サービス。