「Bizer(バイザー)」が弁理士の相談受付を開始し、対応分野が5士業へ拡大。同時に成功報酬型での商標登録代行サービスを提供開始。


株式会社ビズグラウンド(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:畠山友一、以下「ビズグラウンド」)は、自社サービス「Bizer(バイザー)」においてこれまでの税理士、社労士、行政書士、司法書士に加えて、弁理士の相談受付を開始致しました。

「Bizer(バイザー)」は「スモールビジネスのバックオフィス業務効率化」というコンセプトのもと、会社運営に関する手続きについて専門家に月額2,980円で何度でも相談出来るサービスです。 URL: https://bizer.jp

弁理士は、特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産のスペシャリストです。 「Bizer(バイザー)」の対応分野に弁理士が追加されることにより、ユーザーはこれまでと同じ月額2,980円で知的財産に関する疑問や悩みなどを相談して頂くことが可能となります。

また、併せて成功報酬型での商標登録サービスを提供開始致しました。弁理士手数料50,000円という業界水準の半額以下の低価格で商標登録の申請代行を行います。万が一商標が取得出来なかった場合には、弁理士手数料を全額ご返金致しますのでリスクを最小限に抑えることが出来ます。

弁理士の担当する知的財産は企業にとって非常に重要でありながら、規模の小さい会社においては知見も人員の余裕もなく対応が遅れてしまいがちです。今後「Bizer(バイザー)」をご利用頂くことで、知的財産に関しての知識、ノウハウは社内に持たずに必要なときにいつでも引き出し、特許や商標などスピード感を持って対応頂くことが可能となります。

「Bizer(バイザー)」は今後も日本の起業やスモールビジネスの活性化に貢献出来るよう経営者の方に喜ばれるサービスを提供致します。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社ビズグラウンド 広報担当 畠山, 佐藤

関連する記事