専門家が語る

Bizer5士業の厳しい目で見てもらおう!社名変更&本店移転の手続き!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月18日、株式会社ビズグラウンドはBizer株式会社に商号を変更し同時に本店移転しました。

必要な手続きは無料トライアル会員登録でも利用できる「ToDoリスト」機能の業務テンプレート「会社名を変更する」と「会社を移転する」でバッチリ手続きがわかります。せっかくなので実務のワンポイントをBizer5士業に聞いてみました!

 

1.税理士に聞いてみた(社名変更&本店移転の税務対応)

Bizer
4月18日に本店移転しましたが、3月決算の申告は新旧どちらの税務署に行えばよいですか?
村田税理士
 税務署への申告は、申告をする時点での本店所在地の管轄に申告します。都道府県税事務所と市区町村への申告は、事業年度中に事業所のあった自治体への申告となりますので、税務署とは扱いが異なりますので注意が必要です。
また、都道府県税事務所と市区町村への法人住民税均等割りの計算は1ヶ月未満の日数は切捨て計算しますので、月中で本店移転した場合は法人住民税均等割りは12ヶ月分ではなく、11か月分の税額となります。多くの会社は年間7万円の均等割りが、月中の本店移転の場合は5,900円節税となります。

 

2.司法書士に聞いてみた(社名変更&本店移転の法務対応)

Bizer
本店移転登記は新管轄、旧管轄の2つの法務局での手続きとなるので時間がかかるようですが、手続き中に登記簿や印鑑証明書が必要になった場合はどうすればよいですか?
清水司法書士
変更登記の手続き中は履歴事項全部証明書が取得できないので、申請前に1部取得しておいたほうが安全ですね。管轄外移転では、登記の完了も管轄内で行う登記の約2倍程度の日数を要しますので注意が必要です。

 

3.社労士に聞いてみた(社名変更&本店移転の労務対応)

Bizer
5月入社予定の従業員がいるのですが、本店移転登記は時間がかかるみたいで、移転後の登記簿がなくても5月入社の従業員の社会保険の加入の手続きだけ先に行うことはできますか?
榊社労士
当該社員の方の社会保険加入手続を先に行うことは可能です。
会社の移転手続が完了するまでは、移転前の会社所在地の年金事務所が引続き手続きを管轄しますのでそちら宛に被保管者資格取得届を提出すれば、通常通り社会保険に加入することができます

また、補足となりますが、今回は、社名変更も行ってますよね。
保険証の左下に会社名が書かれていると思いますが、社名変更の手続をすると、新しい社名の保険証が会社宛に届きます
古い保険証は新しいものが届き次第差替えで返却するので、保険証は使い続けることができます。

 

4.行政書士に聞いてみた(社名変更&本店移転の契約書対応)

Bizer
会社名を変更した場合、過去の契約書とかは再度新しい社名で締結し直す必要はありますか?
渡邉行政書士
会社名が変わった場合でも、表示としての商号が変わるのみで、契約主体としての法人格は変わらず同一ですので、旧社名で締結した過去の契約書は新社名となった後も引き続き有効です。履歴事項全部証明書を見れば、契約締結時点でBizer株式会社が株式会社ビズグラウンドであったことは明らかですので、再度契約を締結し直さなくても大丈夫です。

ただし、契約書に商号変更、役員変更についての報告義務を取り決めている場合、相手方へ通知する必要があります。
この通知の書面を、契約書とともに保管することで、商号変更の事実を社内でスムーズに引き継ぐこともできます改めて契約書、または覚書までは必ずしも必要ではありませんが、運用上は、何らかの書面を残す方がよろしいかと思います。

 

5.弁理士に聞いてみた(社名変更&本店移転の商標対応)

Bizer
旧社名で取得していた商標があるのですが、今後使用する事もないと思いますがどうすればよいですか?
河合弁理士

今後使用しないのであれば、放置しておいて構いませんこの商標権を放棄する手続を取ることもできますが、放棄手続をしなくても特に問題ありません。
そもそもの話になりますが、「株式会社ビズグラウンド」を「商標」として使用することがなければ、「株式会社ビズグラウンド」で商標登録する必要がなかった、可能性が高いかと。。。
一般的に「株式会社」などを含めた言葉が「商標」として使用されることは少ないので、 社名をそのまま商標登録する必要があるケースは多くはありません
例えば、「商標」として用いる言葉が「ビズグラウンド」ならば、「株式会社ビズグラウンド」ではなく「ビズグラウンド」で商標登録すべきとなります。

 

以上、となります。最後は知りたくない事実を知ってしまった気分です。。。

なお、社名変更、会社移転に関しては、Bizerの「ToDoリスト」機能に業務テンプレートがありますので、手続きに関してはそちらを是非ご参照ください!

 

リーズナブルな料金で頼れる専門家(士業)に相談したい

Bizer(バイザー)では、今回の社名変更や本店移転に関する事柄に限らず、バックオフィス業務(総務・労務・経理・法務・知財など)についても月額2,980円で何度でもご相談いただけます。Bizerコンシェルジュがあなたのご相談をお伺いし、適切な専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)にお繋ぎいたします。

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。

詳しくは、[Bizer(バイザー)]まで

 

できるだけ節約してバックオフィス業務を自分でやってみたい

できるだけお金をかけないで会社運営に関わるバックオフィス業務(従業員、雇用、給与、賞与、役員、役員報酬、取締役、移転、株式に関する事柄など)を自分で調べながらやってみたいという方には、Bizerのユーザー様なら無料で使用できる「ToDoリスト」機能(※)をぜひご利用ください。

「ToDoリスト」機能では、バックオフィス業務に必要な手続きの手順を確認したり、「いつまでに」「なんの書類を」「どの役所に提出する」のか調べたり、進捗管理をすることができます。

また、その都度、わからないところは専門家(税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁理士)に何度でも相談できるため、できるだけ自分で金額をおさえてバックオフィス業務を完了されたい方にはオススメの機能です。

※トライアルの場合は、「ToDoリスト」機能のみ30日間無料で使用できます。

詳しくは、[Bizer(バイザー)]まで

Bizer(バイザー)

月額2,980円で総務、労務、経理のすべてを解決するバックオフィス業務支援サービス。