専門家が語る

知らなかったじゃすまされない!?代表者の引越しに必要な手続き&忘れた際のリスクとは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代表者の引越しに登記変更の手続きが必要だなんて!キイテナイヨ〜!しかも、上場審査にも影響があるなんて!

代表者個人の住所移転にも2週間以内に登記変更の手続きが必要なんです。

手続きを怠った場合、届出遅延で罰金になったうえに、法令を守っていないとして上場審査にも影響します。

そんな見落としがちな登記の変更事項と登記手続きについて、司法書士が解説します。

 

清水司法書士
それでは今回の本店移転の登記を法務局に申請しますのでこちらに法人印の押印をお願いします。

 

相談者
あれっ、ここの代表者の住所ですが半年前に引越ししまして。

 

清水司法書士
代表者の住所の変更登記、まだしてないんですね。

 

相談者
住民票は新しい住所に移しましたが。。

 

清水司法書士
それは個人の住所移転の手続きですね。それとは別に会社として代表者の住所移転の届出を2週間以内にする必要があります

 

相談者
えっ、もう半年経ってしまったので変更できないんですか?

 

清水司法書士
代表者の住所変更の登記申請はできます。ただし、本来は変更があってから2週間以内に変更登記申請をしないといけないので、申請の遅延により過料(罰金)となる場合もあります

 

相談者
え!罰金なんて・・誰か教えてよ・・。

 

清水司法書士
登記の申請が必要な場合について、主なものはこちらの法務省の商業・法人登記申請に様式と記載例がありますので、一通り目を通しておくとよいですね詳細はこちら

 

相談者
う・・本当だ。。確かに代表者の住所変更、ありますね。。。他は申請漏れはなさそうです。

 

清水司法書士
ここに載っているのは登記が必要なものの一部ですので、例えば新株予約権(ストックオプション)の発行なども登記の申請が必要です。また、ある決議をするとそれに連動して変更登記をしなければいけない事項もあります。例えば、株式分割をして、1株を100株に分割すると、それに伴ってストックオプションの目的となる株式数の変更を行う手続きも発生してくるんです。

 

相談者
なるほど、うちも上場目指してストックオプション発行しようと考えていたんで注意が必要ですね

 

清水司法書士
一度、同業で上場した会社の履歴事項全部証明書を見てみるといいですね。上場に向けてどのタイミングで増資をしてストックオプションを発行して、役員を追加して、という変更の年月日の直近3年間分の履歴が全部分かりますので。

 

相談者
登記簿って履歴事項全部証明書って言うんですね、こないだ法務局で登記簿を取ろうとしたら、履歴事項ですか?現在事項ですか?と聞かれて。

 

清水司法書士
過去の登記の変更履歴が全て記載されているのが「履歴事項全部証明書」で、下線が引かれている箇所は過去の事項となっています。これを現在有効な事項のみを抜粋したのが「現在事項全部証明書」です。登記簿を提出する場合、分からなかったら「履歴事項全部証明書」を提出したほうが安全です。

 

相談者
なるほど、こうして見ると上場している会社はいろいろ登記の変更が多いですね。しかも変更の日付と登記の日付がちゃんと2週間以内になっていますね。

 

清水司法書士
そう、上場審査においては会社の業績だけでなく社内管理体制や法令順守の状況もチェックされますので、2週間以内に登記申請すべきところを遅延しているというのは法令順守でマイナスの評価となります。

 

相談者
そんな、、罰金だけでなく上場審査なんかにも影響してくるなんて。

 

清水司法書士
会社や代表者について変更事項があった場合は、いろいろ届出が必要な場合が多いです。今回の代表者の住所移転も、法務局への届出だけでなく税務署や年金事務所などへの届出も必要となります。

 

相談者
これは手続きモレますね。。。

 

清水司法書士
会社や代表者に何かあったら、Bizerの「ダンドリ」機能をみるとよいと思います。そしてわからない箇所があれば追加で専門家にご相談ください。

 

相談者
なるほど!わかりました。ありがとうございます!

 

以上、いかがでしたか。知らないと知ってるとでは大違い。もしかすると、これ以外にも手続きの抜け漏れがあるかもしれないですよね。Bizerには会社運営のタスクを管理するダンドリ機能がありますので、ご利用の方は是非ご活用くださいね。

清水 歩(しみず あゆむ)

司法書士。東京司法書士会所属。簡裁訴訟代理等関係業務認定会員。千代田法務会計事務所 共同代表。NPO法人事業承継相続研究会会員。登記業務はもとより事業承継、組織再編等の会社法務の相談、相続手続き、一般民事事件など多方面で適格なアドバイスを提供している。